「鈴木農園の田舎だより」カテゴリーアーカイブ

田舎だより 2018年4月号

暑さ寒さも彼岸までと昔からとよく言われて来ましたが、春の彼岸が過ぎますと私たちの地方でも,鶯の声が聞かれるようになり、燕の舞う姿がみられるようになります。田んぼの土手にはフキノトウが顔を出し、4月に入ると菜の花が咲きはじ … 続きを読む 田舎だより 2018年4月号

田舎だより 2018年3月号

今年の冬は田舎においても大変に寒い冬でした。水田の灌漑用のため池なども今までにない厚い氷が張り詰めて人でも渡れるくらいでした。こんなに寒い冬はここ数年ありませんでしたのでとりわけ私のような高齢者の人たちにとっては、春が来 … 続きを読む 田舎だより 2018年3月号

田舎だより 2018年2月号

今年の年賀状でも語らせていただきましたが、わたしも満80歳になりました。健康診断の結果などでは、今のところ悪いところは見当たらないので喜んでいるところであります。 さて、紹介する写真は私の住む地域から西の方に高く聳える那 … 続きを読む 田舎だより 2018年2月号

田舎だより 2017年9月号

いよいよ今年も実りの秋となりました。今年の夏は雨や曇りの日が続いて稲や野菜などの生育に大変心配していましたが、悪天候が続いた割には温度がありましたので稲も写真のように稲穂も垂れて平年作ぐらいには成りそうです。消費者の皆さ … 続きを読む 田舎だより 2017年9月号

田舎だより 2017年3月号

暑さ寒さも彼岸まで、と昔から言われて来ましたが、寒かった季節も3月に入ると温かい日の方が多くなり、庭先にある池の氷もだんだん溶けて鯉の動きも目立つようになりました。 そして、3月になりますと、いよいよ農作業が始まりまして … 続きを読む 田舎だより 2017年3月号

田舎だより 2017年1月号

新年あけましておめでとうございます。今年の正月は東京に居る子供や孫たちと一緒に箱根の小涌園のホテルで大学駅伝を応援しながらお新年を迎えました。今年の箱根は晴天続きで芦ノ湖から見る富士山は雲ひとつなく美しい富士山を見る事が … 続きを読む 田舎だより 2017年1月号

田舎だより 2016年12月号

 お付き合いの農機具店などから来年酉年の暦が配られて、過ぎゆく年の早さを改めて感じさせられているところですが、皆さんにとりましてこの1年どんな年であったでしょうか。  昨年京都の清水寺で一年の思いを表した一字は、怒であっ … 続きを読む 田舎だより 2016年12月号

田舎だより 2016年11月号

 生産費に とても届かぬ米作り それでも大事な命をつなぐ、この短歌は私が長い間米作りを続けて来ての、今日の私の思いであります。  わたしは、今から30年も前から農薬を使わない、米糠や大豆を田んぼに使って、化学肥料を少なく … 続きを読む 田舎だより 2016年11月号

田舎だより 2016年10月号

今年は、春の田植えの節には雨が降らない好天が長く続いて、田植えが出来なかった田んぼが大分出来てしまって農家の人たちは悩まされました。 10月はいよいよ米の収穫期で稲刈り作業の最盛期を迎えていますが、こんどは秋雨前線などの … 続きを読む 田舎だより 2016年10月号