なたねの種まき

9月28日、なたねの種まきを行ないました。

さわやかな秋晴れ、農作業日和です。

今年まくなたねは、去年新しく購入した種(キザキノナタネ)を種とり専用の畑で栽培し、この夏に収穫したもの。

DSCN1072

この種を散布機(ミスト)でバラまきするのですが、ごらんのとおりの黒い種。地面にまかれてもどこまでまいたのか見えません。

そこで、種を黄土色の鹿沼土と混ぜておきます。

DSCN1077

これで、広い畑のどのへんまでまいたのか見えるようになるというわけ。増量することで、均等にまきやすくする意味もあります。

まず坂口の畑からはじめました。畑に到着すると、あれ?種まく前からもうなたねが芽を出してるよ?

DSCN1074

前回の記事、9月20日にトラクタで耕耘しているのですが、その後今年夏の収穫時のこぼれ種が一斉に発芽していたのでした。

「誰かもうまいたんだべ、もう帰っか」という意見もありましたが(笑)、まじめに作業にとりかかります。

DSCN1084

まき終えたところから、いつもの手順で、康さんのしろかきハローで土をかけていきます。

DSCN1089

午前中に、坂口と大竹の畑の種まきを終えました。これは作業を終えて談笑するイカしたオヤジたちのショット。

DSCN1092

この日はテレビ局の撮影もありました。来春放映予定だそうですが、どんな番組になるのでしょうか。くわしくはまた後日。(な)

 

この記事をシェアできます・・・Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です