菜種の種まき、やっとできました

春に花が咲き、初夏に種を収穫する菜種。種まきは秋です。

例年9月下旬に種まきしていましたが、今年はひどい長雨で種まき前の畑の耕耘もなかなかできませんでした。

10月2週目から、ようやく畑に入れる状態になりました。ところが稲刈り真っ盛りの時期でもあり、トラクタ耕耘部隊が集まれません。で、各自空いた時間に畑に来て作業するということに。

なんとか畑うないができ、10月7日に集合して種まきまでの一連の作業をやっつけました!

・前日買い出しに行った肥料(化成と苦土石灰)をまき、

・まいてる間に養鶏場に発酵鶏ふんを買いに行く

・肥料、鶏ふんをまき終わった畑から、トラクタで再度耕耘

・軽トラの荷台が空いたら、前日運びきれなかった分の肥料を積みに行く

・肥料を全部まき終えたら、畑ごとにまく種を計量、増量用の鹿沼土と混合

・肥料まきのトラクタは家に帰ってブロードキャスターからロータリーに付け替え

・耕耘終わった畑から、散布機で種まき

・康さんのトラクタはロータリーから代かきハローに付け替えてきて、覆土・鎮圧

dscn0644

肥料散布。向こうには小野田小

 

dscn0652

畑周囲は草ボウボウ。草刈りはまた別の日に集まってやることに

 

dscn0748

新会員の浅見さんも種まきデビュー

 

dscn0655

側溝をベンチに昼休みの図

 

・・・という具合に、何とかこの日だけで全部の畑に種まきができました。野出島プロジェクトで、まる一日農作業というのは、実は珍しいのです。

参加した会員の皆さん、ホントにおつかれさまでした!(な)

 

この記事をシェアできます・・・Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です