小麦の防除作業

5月21日、小麦の防除作業を行いました。

前日は郡山卸団地びっくり市での野出島そばを出店し(ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました!)、夕方からはこの反省会がありました。カツオとどぶろくで海より深く反省したためか、今朝は皆さん少々疲れぎみ。プロジェクトの農作業の中ではハードな作業の部類に入る小麦の防除を何とか終わらせることができました。

小麦の穂にはすでに花が咲いて居ます。この写真でわかるでしょうか?

この時期に、「赤かび病」の対策のために殺菌剤を散布します。この「赤かび病」が入った小麦粒がわずかでも混じると、販売できなくなってしまいます。

 

2チームに分かれ、動噴の散布ノズルを振りながら、畑の中を進みます。広い畑なので数人でホースを引きずったりたぐり寄せたりを繰り返しました。

坂口の畑の上は、先月桜やこぶしを植えた神宮寺の裏山です。何年か先には、きれいな花の山になっているのでしょうね。

このあと草刈り作業等も行い、一日仕事となりました。今日も反省会をやるかという話も出ましたが(笑)、さすがに連日は自重することにしました。(な)

 

この記事をシェアできます・・・Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です