琴平相撲に会員が出場しました

スポーツの秋。10月6日、「琴平相撲」に野出島プロジェクト会員で、3年ほど前に埼玉から移住して来られた浅見さんが出場されるということで、観戦に行ってきました。

琴平相撲は、ここ野出島(小野田)地区とは隣り村になる釜子地区にある琴平神社で毎年行われている奉納相撲です。

釜子地区の各集落の惣代(町内会長)さんによる奉納相撲、この他に一般参加の取組があります。浅見さんは一般参加です。去年は肩の故障で出場を見送り、今回満を持しての出場です。

実は筆者も数年前に一度だけ参加したことがありました。体中の普段使わない筋肉が一週間くらい痛かったです。釜子小の若い先生に投げ飛ばされたっけ。

 

矢越山の上にひっそりと立つ神社の境内に立派な土俵が用意されています。本格的な装束の行司さんは地元の有名人、筆者もほぼ毎日顔を合わせているあの方。

まずは釜子惣代さん同士の奉納相撲から。わりと和やかな雰囲気で始まりましたが、しだいに取組も白熱してきます。

 

懸賞がつく取組も。

 

 

土俵下でリラックスする力士たちの中、ひとり取組準備に余念がない浅見さん。もちろん本気モードです

 

奉納相撲の後は地元小学生の子供相撲。小野田小の子供も4人参加しました。観客席は大喝采。

 

いよいよ一般参加も交えた勝ち抜き相撲です。

 

子ども世代・孫世代の力士たちを相手に奮闘する浅見さん

 

おお、投げが決まる!「ワザ師だな」の声も聞こえました

 

投げを打たれ土俵下に転落する場面も。これは演技か!?

 

次々休み無しで取組が展開され、浅見さんは見事3人抜きで関脇位を獲得。すごいぞ!

 

取組後の浅見力士にインタビューしてみます。


ー おつかれさまでした。すごい活躍でした!

稽古不足!相撲部作ろう!

ー 見事な3人抜きでした。

いや〜、あの人(5人抜きで大関位を獲った20代のスポーツマンのこと)には歯が立たなかった〜。ワタシもまだまだだ

ー いやいやいや十分すぎると思いますよ!来年も活躍を期待してます。


なお今回、奥さんに内緒で出場したので、懸賞のジュースやお菓子はじゃんけん大会で勝ったことにするそうです(笑)。

(な)

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です