小麦の防除作業を行いました

5月17日、小麦の防除作業(赤かび病対策のため殺菌剤の散布)を行いました。

例年もう少し遅い日程でやっていましたが、今年は小麦の開花も早くなったため急遽日程を早めて実施しました。小麦の穂には稲の穂と同じようなピロピロとした花が出ています。

ちょうど田植えの最盛期ですので、集まれるメンバーだけ6名集合しました。動噴のホースを数人がかりで引っぱって、麦畑の中を行ったり来たりします。夏のような陽気でしたので、みんな汗だくです。

 

いつもは薬剤をたくさん余らせて、仕方なくもう1回同じところをかけて歩いたりしていましたが、どういうわけか今回はほぼ丁度良く使い切り、もっと右だ左だともめることもあまりなく、互いに上手だうまいとほめたたえあって、なかなか良いヴァイブスです。ほどよく人数が少なかったからでしょうか。

終了時間もちょうど良くお昼ぴったりに。菜種もとても良かったですが今年は小麦も豊作になりそうです。帰りは、お寺の裏に謎のすべり台ができてたよ、というので様子を見に行って(地元の若者が自作したスノボの練習台でした)帰りました。なんかコロナを除けば全て順調、という一日でした。(な)

 

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です