暮らし体験住宅の整備作業 もぐらと一緒に野良仕事

7月3日、石原地区の「白河市暮らし体験住宅」の整備作業を行いました。

プロジェクトの役員が集合し、暮らし体験住宅に現在入居中の「もぐら」のお二人との共同作業です。

まず敷地内の草刈り、庭の植木の剪定。植木バリカンで剪定するもぐら古川さん。

 

松の木の剪定はいつものメンバーが担当します。

 

家の裏手にある祠のまわりは、いつもより丁寧にきれいにしました。氏神様もおどろいて目を覚ますかも。

 

最後に、もぐらが栽培中の野菜畑の草取りをしました。

 

 

ちょっとびっくりするほど、色んな種類の野菜が立派に育っていましたよ。二人ではとても食べ切れないでしょうから、まわりの人に配りまくるしかないですね。(な)

 

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です