もぐらと稲刈り 天気に恵まれ快調

10月15日、筆者が貸してもらっている田んぼの稲刈りでした。

6月に田植えした同じ田んぼで、白河市の鈴木市長、市役所の方々、野出島プロジェクトのメンバーなど、田植えしてくれたみなさんが再び集まって稲刈りしていただきました!

雨が続き心配していましたが、幸運にも晴天に恵まれ気持ちの良い稲刈り日和でした。

 

 

 

今年5月から石原地区のお試し住宅に居住して、白河について発信してくれている、若手お笑い芸人のもぐらのお二人。

 

 

普段は田んぼが乾いている部分は機械(バインダー)で刈り取り、ぬかっている箇所は手刈りでやっていますが、今回は全面手刈りです。

20人近くの参加者が本気で取り組んでくれたので、午前中で8割がた刈り終わりました。

そしてお昼は

「もぐら米」新米のおにぎり

もぐらが栽培、収穫したさつまいもとごぼうの天ぷら

豚汁

などで、どれも最高に美味しく大満足でした。

 

これはもぐら野菜の天ぷらです。揚げ油はもちろん、野出島のなたね油。

なお「もぐら米」というのは、鈴木農産さんの田んぼでもぐらが田植えしたお米(こちらは最新式の田植え機で。もぐらのYouTubeをご覧ください)です。

 

この日の模様も、もぐらのYouTubeでご覧になれる予定です。こちらもお楽しみに!

 

というわけで、この日のうちにはせがけ(はざかけ)まで完了できました。参加いただいた皆さん、おつかれさまでした!そしてありがとうございました!(な)

 

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です