春の農作業〜追肥、菜種の雑種とり

突然夏のように暖かくなったと思いきや、ここ数日はまた冬に戻ったような寒さです。

今月始まった、春の農作業について紹介します。

 

まず4月1日、菜種と小麦の追肥作業を行いました。

3月に行う予定でしたが、雨のため延期し少し遅めの作業となりました。トラクタに取り付けたブロードキャスターで肥料を全面散布します。

この日はまだ寒く風もあり、キャビンなしのトラクタの運転はかなり大変だったでしょう。

 

 

 

この作業と並行して、菜の花を見に来られる人のための展望台を設置しました。これも毎年やっている作業です。

 

 

大量のパレットを積み重ねて展望台を作ります。今回から専用の固定金具を用意したので、わりと手際よくしっかりした台をこしらえることができました。

 

さてその次の週、4月9日に菜種の雑種を取り除く作業を行いました。

種をまいた菜種に混じって、交雑したこぼれ種からも雑種の菜種(のなかま)が生えてくるので、これをできるだけ取り除こうというわけです。

 

 

この写真の、先に花が咲いているのが雑種です。よく見ると葉っぱの形や色が違うので区別できます。

 

 

畑の中をくまなく歩き、鎌や三角ホーなどを使って草をとります。ものすごく地道な作業ですがみんながんばりました。

 

 

この日は一般参加で作業を手伝ってくれる方もおられ、なにしろ人手がいる仕事ですので本当に助かりました。ありがとうございました!!(な)

 

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。