田舎だより 2022年10月号

実るほど頭の下がる稲穂かな、人の成長にとっても思い知らされる俳句ですが、私の今年の田んぼの稲はその言葉のように見事に実りました。写真はその田んぼの風景です。10月は収穫の秋でもありますが食欲の秋でもあります。かつて私の所に神奈川県大和市の方からご飯の力、と言う本が送られて来ました。

ご飯の大切さが詳細に解説されているわけですが、最も感心させられたことは、米や豆、タカキビなど雑穀類の作物は、しっかりと大地に根を張って、一粒一粒が太陽からのエネルギーをいっぱい浴びて、何年経っても芽を出すように自分自身を酸化から守って生き抜くために酸化を防ぐ成分である抗酸化なる物質で自分を覆って熟するそうです。米や豆など雑穀類の食べ物は抗酸化の強い食べ物だから毎日食べる事が大切です、と言っています。

また米や雑穀などは大地と太陽のエネルギーを沢山受けて育っているので、カルシューム、リン、鉄、マグネシュム、ナトリウム、カリウム、亜鉛などミネラル成分も含まれていますので、海のミネラルの結晶である塩を調味料にしたおかずで、ご飯を食べれば必須ミネラルは万全です、とも言われています。

 

ゆみこ先生は、いろいろと解説されていますが、肝心なことは、酸化しやすい肉や魚などよりも酸化しにくい、豆や雑穀などの抗酸化の食べ物の方が体の免疫力を高めるのではないかと言っているのだと思います。

この本の著者は、つぶつぶグランマ・ゆみこ、と言う方で、インターネットのホームページでもご覧になれます。ぜひ勉強してみてください。

わたしの毎日の食生活も、ご飯とみそ汁に自家野菜などですので、この度の、ゆみこ先生の話に触れて、あらためて自分の食の有り方に自信を深めているところです。

さて、この度初めての試みでした野菜セット、みなさんに喜んでいただけたようで有難うございました。今度は秋野菜の大根や白菜,ネギなどが主な品物で、それにジャガイモや里芋などが加わる予定です。その際は、またチラシを作って皆さんに知らせます。お値段の方も市販されている物など調べながら検討させていただきますのでよろしくお願いいたします。

ところで、いままで低迷していた生産者米価が今年の新米から少しづつですが値上がりすることになりました。わたしの米の値段はあえて上げないことにしました。そのかわり、今までサービスして来ました送料費のサービスは、これからは止めて、今まで通りの送料をいただくことにさせていただきますので何卒ご理解ご協力くださいますよう願いいたします。

次の写真は野菜畑の風景です、手前から大根、白菜、キャベツ、ブロックリー、ニンジン、そしてネギ、里芋と幾種類もの野菜が秋に向かって育っています。秋にも皆さんからの希望があれば野菜セットサービスを行う予定でおりますのでいろいろなご意見など、お寄せていただければ幸いです。

 

 

この記事をシェアできます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。